施行例
自然素材を使う
・自然素材は湿度を調整してくれる→結露・カビの減少
・有害な化学物質を含まない→シックハウスの防止
・肌さわりが いい→精神的な安定、癒しの効果
O邸ダイニング O邸ダイニング
栗材+床暖房
珪藻土
天井





木に囲まれた落ち着いた空間


O邸 子供部屋O邸 子供部屋
サワラ
珪藻土
天井
クローゼット サワラ



杉の斜め天井で声の反響もやわらか



I邸 子供部屋I邸 子供部屋
ひのき
天井
唐松、珪藻土


壁の唐松は掲示板




収納収納
中壁
ひのき


湿気のこもる収納だから、杉を使い、湿度を調整します。




H邸
子供部屋






無垢のドアは、その家の品格を高めてくれます。本物の厚みが見えるでしょう。



太陽を取り入れる住まい
・冬の太陽はできるだけ取り入れる→南面の窓は大きく
・夏の太陽は、入れないようにする→軒、庇は適切にだす。南側に天窓は設けない

アルミサッシを使い、断熱材を入れることにより、高気密・高断熱仕様の家でなくても、気密化と断熱化が進んでいます。夏、その室内に太陽の光を取り入れたら、熱の逃げ場がなくなり、冷房負荷が多くなります。「夜、星空がみたいから天窓を」というのは、快適な住まいをつくる上で適さないことです。

S邸 リビング
S邸 リビング
ひのき
珪藻土
天井 木チップ入り紙壁紙





南に向け三角にでたコーナーには、冬、太陽をたくさん取り入れる役割があります。少しでも多く太陽を入れる工夫です。


H邸 リビング
H邸 リビング
ひのき
珪藻土
天井 吹抜け、珪藻土





大空間をつくることにより空気のよどみをなくします。


U邸 リビング・多目的スペース
U邸 リビング・多目的スペース
栗+床暖房
珪藻土
天井





2階リビングのこの家は、冬は高い窓から陽が注ぎ、朝は高い窓から、暖かい空気が抜けたり、風が入ってきたりします。

風の通る住まい

・ 風の通り道は、南北の水平方向だけではありません。縦方向の風の動きも考えると夏、暖まった空気を溜めることなく、逃がすことができます。

U邸 リビング天井
U邸 リビング天井









天井最高部に設けた窓を開けると暖まった空気が抜けていきます。

 

N邸 リビングダイニング吹抜け
N邸 リビングダイニング吹抜け









大空間をつくることにより空気のよどみをなくします。


H邸 2階ホール
H邸 2階ホール







ホールの南北に開けられた窓を風が通ると、その力で、1階の空気も動かしてくれます。



自然とともに

・緑の力、雨の恵みも快適な住まいの条件です

Y邸 雨水利用
Y邸 雨水利用






ステンレス製の雨水タンクは、150リットルの雨水が貯まります。庭の花に水をやったり、災害時のトイレの水に利用できます。


U邸 雨水利用









一番簡単で誰でもできる雨水利用です。雨が降るのが楽しみになります。


雨水利用








この水はトイレの流し水にも使われています。



屋根緑化
家の中で一番涼しい部屋は、緑化屋根の下の寝室。
少しの緑化で大きな効果となりました。

O邸 緑の力
 新築当時








8年後
家の中で一番涼しい部屋は、緑化屋根の下の寝室。
少しの緑化で大きな効果となりました。


ツタのからんだ門扉

ページトップへ