厚生労働省指針値

日本での室内空気中の各種有害物質の指針値(厚生労働省) 2002年4月時点
    毒性指標 発生源
Formaldehyde 0.10 mg/m 3 ( 0.08ppm ) 鼻咽頭粘膜への刺激、化学物質過敏症、 発ガン性 合板などの接着剤、ガラス繊維接着剤等
Toluene 0.26 mg/m 3 ( 0.07ppm ) 神経行動機能及び生殖発生への影響 ニス , 接着剤、木材保存剤等の溶剤
Xylene 0.87 mg/m 3 ( 0.20ppm ) 出生児の中枢神経系発達への影響 ニス、ペイント , 接着剤木材保存剤等の溶剤

P-Dichloro
-benzene

0.24 mg/m 3 ( 0.04ppm ) 肝臓及び腎臓などへの影響 たんす等の 防虫剤、芳香剤
Ethylbenzene 3.80 mg/m 3 ( 0.88ppm ) 肝臓及び腎臓への影響 塗料 , 接着剤の溶剤
Styrene 0.225 mg/m 3 ( 0.05ppm ) 脳や肝臓への影響

発泡ポリスチロール , ポリスチレンフォーム(断熱材)

Chlorpyrifos 0.001 mg/m 3 ( 0.07ppm )
小児の場合 0.1 μ g/m 3 (0.007ppm)
新生児の神経発達と脳への影響 防蟻剤(防虫剤)など
Dibutyl phthalate (DBP) 0.22 mg/m 3 ( 0.02ppm ) 新生児の生殖器の構造異常など 塩ビ製品 ( 床材)や接着剤の可塑材など
Tetradecane 0.33 mg/m 3 ( 0.041ppm ) 肝臓への影響 トルエン・キシレンに代わる溶剤
Dioctyl phthalate (DOP) 0.12 mg/m 3 ( 0.0076ppm ) 精巣への病理組織学的影響  可塑剤(ビニールシート等に含まれる)
Diazinon 0.29 μ g/m 3 ( 0.023ppb ) コリンエストラーゼ活性への影響 殺虫剤に含まれる
Acetaldehyde 0.048 mg/m 3 ( 0.03ppm ) 突然変異原生、催奇形性物質 接着剤などに含まれる
Fenobucarb 0.033 mg/m 3 ( 0.0038ppm ) コリンエストラーゼ阻害作用 農薬、防蟻剤
※ 1 (BPMC)
※ 1:2-(1-methylpropyl)phenyl methlcarbamate

ページトップへ